sefgwwe

仮想通貨のマーケットメーキングと裁定取引戦略を専門とするファンドは1-3月(第1四半期)、主に強気の競合ファンドが平均40%のマイナスリターンに沈む中でプラスの運用成績を挙げた。これは急騰する仮想通貨をロング(買い)にしたファンドが成績を伸ばし、マーケットメーキングファンドはその後塵を拝した昨年とは大きく異なる。

香港に拠点を置くアンバーAIグループが運用するピボット・デジタル・トレーディング2は、相場の動きを読んで賭けるディレクショナル戦略を採用しない仮想通貨ファンドの中で有数の高リターンを計上。同社によれば、3月のリターンはプラス4.3%で、1-3月では同30%となった。

(※中略、全文はソース元へ)

続きを読む

引用元: 仮想通貨まとめ速報